2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11

スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2    スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑


「引越しをしたことありますか?」 
2008/04/28 /22:44
。。。と言う訳で、またまたFC2さんのTBテーマに参加してみる。

自分は、結構、小さな引越しが多い方かも知れない。

小学生の頃、名古屋から福岡(田舎の長屋のような場所)へ越したのが大きな移動。
1の長屋から、お隣へ移動。
  意味無いですが、お隣に住んでいた親戚が越したため、持ち家だったので。
2の親戚が戻ってくる事になり、ちょっと遠い所へ移動。勿論田舎♪
祖父の家に同居、更に田舎。
田舎から都会へ、移転、交通の便がとても良い事に感動。
そして現在、夏が死ぬほど暑いので移転検討中。

の名古屋は、田畑の広がる地域でした。裏に古めかしい、不気味なアパートがあり、他人だけど「やさしいおじちゃん」ちに遊びに行くのが大好きでした。(実はこのアパート、その大昔遊郭だったそうです)
近所の友達のお家が、あげや麩を作っていて、出来立ての麩をいつも頂戴してました♪
同じく近所の喫茶店のミックスジュース、ミルクセーキが好きだった(ナッツはしっかり置いてありました)
パチンコ台の(?)倉庫とかが有って、よく忍びこんでは遊んでいたな。

親友らに会う。この頃の級友は男女共に仲良しかも。
「ご老体」と勝手に呼んでいたお気に入りの桜があった。
廃院跡の桜並木の枝から堕ち、側溝にそのままハマッタ。木登りとか、屋根大好きだった。秘密基地率先して作ってた。今はもう立ち入り禁止の歴史的建物に登ったりしていた。まるっきり男の子だった。
火事に遭遇。火元のお隣だったおじさん「うちはもうダメやけん」と言って我が家の荷運びを手伝ってくれた。背中に大きな刺青のある人だった。そのせいで近所中から敬遠されていた、唯一うちの家族は普通にしていた。のら犬を愛する人だった。結局水浸しになっただけで済んだ。がその後おじさんの行方はわからなかった。

犬、鶏、小桜インコ、亀、金魚、その他諸々、動物だらけだった。友達なのか場所の影響なのか、この頃よく霊的な現象にも見舞われた。予知無とか、金縛りとかザラに有った。深夜家の中を誰かか徘徊、顔をじっと見て玄関から出て行く事を父以外の家族全員が体験していた。消防署がすぐそばに有って、訓練風景が丸見え、格好良かった。風呂上り星空を見上げるのが、この上なく至福の時でした。

至福の時は相変わらず継続。この頃、UFOらしきモノを、父と共に目撃。人生最大の幸せ、夢が叶う。とすぐに死ぬ以外ないのか?と言う程の人生最大の不幸に見舞われる。

都会のくせに田舎な場所。庭にはセミの抜けガラの大群。犬の散歩中なぜか「カブトムシ」がぶっかってくる。歩行中「おにやんま」が悠然と横を飛んでゆく。
金木犀の絨毯。つくしの採れる場所。大切な人との、出会いと別れがあった。

現在。冬は良いんだ。暖かくって。夏が死ぬほど暑い。の場所と何℃か違う。凄く便利で面白い場所、「良い場所に住んでるね~」と必ず言われる。気に入っているんだけど。。。もうちょっと、田舎度が有ればな。。。

引越しは体力的にも大変だし、お気に入りの場所、人との別れがあって、ちょっと切ないと言うか、惜しい気がします。
それでも、新しい風景、出来事への期待感が膨らむのも事実。
あっ。。。。こんな自分は、すっかり『引越し魔』なんですかね?(苦笑)

web拍手 by FC2    ブログ + Trackback(0) + Comment(0) + Page top↑


prevhome next


トラックバックURL
→http://gekkouyoku.blog1.fc2.com/tb.php/326-1c4b5ee2










+ home +



    Powered by FC2 Blog + Designed by yukapin

  1. RSS
  2. まとめ
  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。