2017/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/09

スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2    スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑


『義経』『マジレンジャー』『響鬼』 
2005/12/15 /23:28
●世間では、とうに最終回放送されている『大河ドラマ義経』録画していたモノをやっと、観ました。
義経主従の最期。
素敵でしたネ。それぞれのキャラクターを象徴する様な逝き方。
白い野菊(?)たちが、はらはらと舞う所なんか、めちゃくちゃ好み!!
「死に花咲かせてやってるいる~~~!!>_<演出好き~」嬉々として魅入ってました。
弁慶最期の仁王立ちも、松平氏ならではの、オーラー(?)発していて良い感じ♪
(でも個人的には「勧進帳」の時の方が、グッときた。)
義経最期も「義経様~申し訳ござらん~」と言う後悔の叫びが、その姿を物語りつつ、霊的な神憑かり的な存在として解き放たれる。
”光”の姿。個人的に好感が持てます☆
やはり、判官贔屓な日本人には、どうにかして(大陸に渡ったーとか)で生きていて欲しいデス。はい。
最期、兄 頼朝。
今まで"実は礼節ではなく、情の人"と言う姿が見え隠れしつつ、打ち消しつつ、権勢をふるってきた彼が、最期の最期に素直な心中表現されましたね。
「義経。。わしを、恨め」
「許せ」でも「憎め」でもない所が、凄い!!
『肉親として出来た事、権力者としてせざる得ない事』
『その結果がこれだ。お前は、ワシを慕ってくれていたのに。。』そんな兄の、心の中の慟哭が聞こえてきました。
背中で泣いていたシーン、兄としての最期の涙。本当に良かったT_T
これから彼は”頼朝”として生きる道が待っている。
。。。と、言う訳で、買ってしまった、食玩。
我慢してたんですけど、100円で売られてたので、ついつい-_-;。。。

 前回の『新撰組』は無念ではあるが、爽やかな最終回でした。
 次回『功名が辻』実は見ようか悩んでます。。。上川隆也氏は好きなんですよね~★

●『マジレンジャー』
ヒカル先生の先生になったカイ。
学ぶべき事は無いと言い切る、先生に激昂するスノウジェル。
変~~身~~~っっ
強いんだけど、何だかちっちゃい。
横顔が、イマイチ。逆絶壁(鼻が低過ぎて)
ごめん、闘ってっる姿に笑ってしまいました。かわいい。。。よね?
そして、ン.マ復活を阻止すべく日夜頑張るウルザパパ。
(あれは。。1人結界かなんか張ってらっしゃるですよね?)
自分には、ストイックに厳しく、そんでもって家族を愛すお姿に、めろめろ女性も多いハズ。
がんばれ!!ウルザパパっっ!!
渋いお声、毎回聞きたいです!!

●『響鬼』
「おろち」現象活発化。
轟鬼が再起不能におちいる。
最も鬼が似合う鬼の轟鬼に、師匠でもある斬鬼もう二度と鬼にはなれないと宣告する。
。。。う~ん、後輩の鬼が出来ると、張り切っていた矢先の不幸。
良いキャラの彼だけに、このまま終わりにするのは、勿体ない。
「○○っす」「そうっすね」底抜けに明るい、前向きで素直な、ちょっと不粋な、おばかさん。
彼を嫌いな人、いませんよね?
こんな時こそ、ひなかさんの存在が大きいのかも。。。
 変身すると、危険と医師停止命令が出ている、斬鬼さん。
予告映像に、とてもハラハラ心配です。
。。ところで、晶ちゃんは、もう"タケシ"にも何にもならないのでしょうか?
すっぱり、「鬼」に関わる事を、やめちゃったの?

web拍手 by FC2    テレビ・ラジオ + Trackback(0) + Comment(0) + Page top↑


prevhome next


トラックバックURL
→http://gekkouyoku.blog1.fc2.com/tb.php/24-f9c513ee










+ home +



    Powered by FC2 Blog + Designed by yukapin

  1. RSS
  2. まとめ
  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。