2007/02← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2007/04

スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2    スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑


『アンフェア』『蟲師』 
2007/03/29 /01:06


雪平の車両爆破→娘(とシッターさん)巻き込まれる→警察病院に入院→警察病院テロリストに占拠され。。。。
と始まりは、なかなか派手。
警察の知られたくない事情(裏金80億)、警察内部の裏切り者、、ウイルス、SAT、アクション、それぞれの信念、母子の愛情。
等々見どころは、沢山有りました♪
そして、謎とツッコミどころも(苦笑)
。。。肝心の謎「警察内部の裏切り者」彼が現れたあの時点でわかっちゃいましたよね?
本人曰く「時には無謀も~」って有り得ん、意味わかんね~!!!
有能な彼で、警察の情報も得たい今、あまりにおかし過ぎる行動。
現れ方は格好よいけど、苦笑しちゃいました
その後、娘発見、既にウイルスに感染、仕掛けられたウイルス解除と進んでいきます。
入院していた蓮見は、犯人一味だったやはりネライは金。そして。。。。
テロリストリーダーの後籐も。。。。
「警察内部の裏切り者」も最終的に。。。
でまたまた、残された謎は続くのだった。。。
今回更に怪しさアップしたのが「薫ちゃん」と「山路」
面白かったんだけど。。。別にテレビでスペシャルでも良かったんじゃないかな?
ジョボビッチの「ウルトラバイオレット」なスーパー母ちゃん雪平。
と言うのが素直な感想。またテレビはじまるのかしら?と微妙に期待はしましたが。
チラシ見て「トゥームレーダー?」とか思ったのは私だけですか?

musisi.jpg

今度は2人分当たったので試写会へ。
オダギリファンの女の子から、大友ファン?映画ファン?原作ファン?と幅広い年齢層の方々が集結していました。
その集団を見た人たちは怪訝な顔をするぐらい。
冒頭、親子が山崩れに遭うシーンから始まります。
そして主人公ギンコ、蟲師の生業をさりげに紹介。
原作未体験で、アニメを時々見たくらいの『蟲師ビギナー』には少々有り難い。
イメージは「富山の薬売り?」て感じ。
で、冒頭の少年と、ギンコを行き来しつつお話しは進みます。
虹郎との出会い、美しき淡幽、そして蟲に冒されてしまうギンコ。
最終的に冒頭の少年=ギンコなのですが、彼がそうなるまで、の生い立ちと言う話。
正直最後こーなるなら、江角演じるぬい、との別れ?となるあの湖のシーン、長過ぎる気がしました。
長いと言うより、”しつこい”と言う印象。
監督曰く「今回は”間”を大切にした」そうですが、ちょっと有り過ぎたのでは?
でもまだ、明かりも少ない時代の闇や自然のもたらす静けさ、時間、雰囲気の表現は素敵だな~と思いました。
 そして、何より素晴らしいのは、画面(画像)の美しさ、曲の素晴らしさ。だと思います。
冒頭のあれ「ホーミー」ですかね?あれが、また良い雰囲気盛り上げてくれて好きでした!!
同行者曰く「映画で映像と曲凝っても内容無かったら意味が無い」ではあるのですが。。。
確かに、最後。。。「え?これで終わり?」とは思いました。
なんか、印象が中途半端な感じがしてなりません。
。。。好きな世界で、オダジョーは好きだけど残念△と言う評価にさせていただきます。
個人的に好きだったのは、淡雪の、サイバシ封じシーンと「虹」のシーン♪
(「虹」はユスリカ(?)の柱のようでちょっとムズガユイ気がしましたが。。)
原作は是非是非読んでみようと思いました

で、思い出してしまったのが、アンドレイ タルコフスキー監督。
今回あの間といい、映像美といい、曲といい全てが合致してしまって仕方がない。

オダジョーギンコが「鬼太郎」に見えて仕方がないのいのは自分でけですか?
そんでもって、ウエンツ鬼太郎が美形過ぎると突っ込むのも自分でけですか?


●今後きになる映画●
「デジャブ」
「パフューム」
「ナイトミュージアム」
スポンサーサイト
web拍手 by FC2    映画 + Trackback(2) + Comment(0) + Page top↑


SAI使ってみる 
2007/03/26 /23:59
久しくお絵描きしていない自分。
結局DLコーナーの「無責任告知/ホワイトデー絵」も出来なかった

それはサテオキ。
ず~~~~と気になっていた、お絵描きソフトSAIを落としてみました。
知ってる人は、知っている。
滑らかで描き心地が良いと評判のソフト。

インターフェイスはカラーサークルのせいか、ぺーさんの印象。
早速新規キャンバス~~♪
あれこれ機能をいじってみる。
「ペン入れ機能オモシロイかも~」が最初の印象。
フォトショいじった事ある人なら、そんなに苦労しなさそう。
でもスポイドツールが解らなくってちょっと苦労(ALTキー押しで解決)
文字ツールなんかが無いのでフォトショに移行。
こんな感じのラクガキ出来ました
SAI試しラクガキ

やっぱり塗りの感じが好きかも
「ペン入れ」オモシロイと言いつつ、「鉛筆」で線画描いていきそうな気がします。
移行する時に「加算レイヤー」が認識されないんですが、自分だけですかね?
「覆い焼きレイヤー」に置き換えてみたんですけど、やっぱり感じが違う。
フォトショなんかに移動する時は、結合してから。。。て事ですかね?

ソフトのおかげか、何げに気に入ったラクガキ♪
web拍手 by FC2    イラスト + Trackback(0) + Comment(0) + Page top↑


「花男」最終回  
2007/03/16 /23:40
『花より男子』最終回しましたね~
わかっていても、顔がにやにやしどうしでした♪
最期まで「王子」か「野生」か選べきれない自分デス。
思い出の「エレベーター」シーンが再び出てくれて嬉しかった♪
さらに、以前と比べて二人の距離が縮んでいた所がナイス
 マフラー引っ張りキスも『出た!!!』って感じでしたね☆
。。。つくしが「はなざわるい」とフルネームで呼ぶ、呼び続けたのは何故?
何のかんので『花より男子 the move』なんか有りそうな気がしてなりません。


『ハケンの品格』も毎回楽しく見てました♪
その昔、先生に「働くとは”はた”を”楽”にする事です」
子供心に「”はた”を”楽”にしつつ、自分のやりたい仕事に就ける人って幸せなんだな~」と思った記憶が有ります。
コレと言って、自慢出来る資格も無いのですが、楽しくお仕事している自分は、ちょっと幸せ者か?などなど、考えてみたりの今日この頃。
 こちらも、『ハケンの品格スペシャル』が有りそうな気がしますね♪
ところで「大前体操」って効くんですかね

後、楽しみにしているドラマは『秘密の花園』『特命係長只野仁』
最近この『只野~』に出て来る「メイドカフェ」のメイドさんの「ご主人さま、おサワリはダメダメ」と
『ハケンの品格』大前春子のうぐいす嬢のマネを、家族の前ですると、かなりウケマス。
共通点は、鼻声だけなんですけどね~
web拍手 by FC2    テレビ・ラジオ + Trackback(2) + Comment(0) + Page top↑


ザッハじゃないT_T 
2007/03/11 /01:19
某所オープンした店に「神戸」から来たらしいスウィーツのお店
「ザッハトルテ」がお値打ち価格だったので買って帰りました。
食べたけど。。。。食べたけど。。。ザッハトルテじゃないっっっ
これじゃ、まるでチョコレートケーキ
しかも、ご近所のパン屋さんに置いてある、1本千円のチョコロールケーキと同じ味とはコレ如何に?
自分だけじゃなく、家族も言ったので勘違いではなさそうだ。

チョコケーキなんかは、1日寝かせると味がかわると言う、半分残してみた。

         か
         
         わ
 
         ら

         な 

         い


アラタメテ
どこが ザッハトルテじゃ~~~あぁいっっ(ちゃぶ台ひっくり返し)

確かに、お値うちだったさ、オカシイな?とは思ったさ。
けど、この気持ちど~してくれるのかな???
滅茶苦茶、食後のお楽しみだったんだからねっっ
web拍手 by FC2    テレビ・ラジオ + Trackback(1) + Comment(0) + Page top↑


『ゴーストライダー』『どろろ』などなど 
2007/03/11 /00:34
最近、友人が映画試写に当選した それがコレ
20070311a.jpg

20070311.jpeg

でもコレ「1枚につき、お一人様」ペアチケットでは有りませんでした。
友人は1人で映画/食事に行けない人。
なので自分に回ってきたんですが、生憎両日とも仕事。
残念ながら宙に浮く形になってしまいました悲しいチケット
『アンフェア』は観に行くつもりだったから良いんですけど、『ホリディ』ちょっと後ろ髪な気分です。
「だいたい、ペアかどうか確認しなよぉ~」
「気が付かんかったのっあなたの名前でも出したけど、ハズレたんでしょう!!」と逆切れされちゃいました。。。
あい とぅいませぇ~ん くじ運悪くって~~

話変わって、先日映画『ゴーストライダー』行って来ました♪
珍しく同行者と意見が一致しました。
お話し的には、コレといって中身無し(失礼)ずばりアメコミって感じでした。
冒頭シーンからが、意味無く長い感じがして寝むりに誘われそうでした。
その後、アクション、エフェクトは好きでした~
”お前は善良だ”、変形するマシーンに「うっひゃー♪」でしたね♪
中でも個人的お気に入りは「2人のライダーが道無き道に作る、炎の轍」のシーン。
ぞわぞわ、いろんな意味で萌えましました☆
きっと昔の西部劇映画のワンシーンのオマージュだと思うのですが、イーストウッド好きなくせに西部劇に明るくない自分。
御存知の方、いらっしゃいましたら、教えて下さいませ
「2」確実だな、と言うラストになってます。色々差し引いて「あ~フツーに面白かった」△よりの○とさせていただきます。

「2」と言えば、『どろろ』続編有るんですね。
映画観に行きました。どろろと百鬼丸の生い立ちが「骨」になり、昔の時代劇を思い起こさせるような作りが随所に有って、なかなか面白かったのですが。。。
やはり「円谷プロ」ばりの怪獣アクションシーンには、失笑でしたね。
。。。て言うか、着ぐるみ怪獣アクションシーン長すぎ!!
あれ無かったら良かったのにね~いっその事「人形アニメーション」のが良かったんじゃ無いかと。。(あっこれは自分の趣味ですが(汗)
百鬼丸が躰を取戻すたび、そこにどろろがいる。
初めて見るのも、発する声も、おそらく触れる人も全て、どろろ、そんな所に激しくトキメイた乙女心の観賞者は自分だけではないですよね?

「2(続編)」の「骨」部分今度は何になるんですかね?
躰取り戻すだけの妖怪退治の旅だけだったら、大コケの予感滅茶苦茶するんですが。。ねぇ?
web拍手 by FC2    映画 + Trackback(3) + Comment(0) + Page top↑


+ home + next



    Powered by FC2 Blog + Designed by yukapin

  1. RSS
  2. まとめ
  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。